ユーグレナ ミドリムシ

ユーグレナの効果できれに!ユーグレナを知って体内美人に!!

ユーグレナって何か知っていますか?
知らない方の為に、今話題のユーグレナについてまずは学びましょう〜

6883

教えて ユーグレナのひみつ Q&A コーナー

Q ユーグレナっって何?
A ユーグレナとはミドリムシのことです。
ミドリムシと聞けばみなさんご存知の方も多いと思います。
ミドリムシは、“ムシ”とつきますが、ワカメや昆布と同じ藻類に属します。

Q ユーグレナってなんで注目されているの?
A その秘密は、動物の特徴と植物の特徴の2つを併せ持つ、すごいパワーを秘めた自然素材なんです。
これこそが最大のポイントです。みなさんもご存知の青汁は野菜の栄養不足を補うだけですが、
緑汁は、野菜+肉、魚の持つ栄養素をバランス良く補うことが可能です。

Q ユーグレナにはどんな栄養素が含まれているの?
A 59種の栄養素を配合!栄養不足の悩みもこれで解決。
では、早速ユーグレナの栄養素を見て行きましょう。

〈ビタミン14種類〉
β-カロテン、葉酸、ビタミンB1を始めとする14種類の栄養素。
(a-カロテン、ビタミンB2、B6、B12、C、E、K1、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)

「ビタミンAの救世主!β-カロテン」
β-カロテンはビタミンAが不足した時に、体内でビタミンAに変身し補います。
別名プロビタミンと呼ばれるほど。
・ガンの予防、抑制
・美肌効果
・抗酸化作用
・免疫力アップ

「細胞を作り出すことを助ける葉酸」
・新しい細胞生成のサポート
・動脈硬化の予防

「糖質の消化はビタミンB1に」
糖質をエネルギーに変換してくれるのがビタミンB1です。
・糖質(炭水化物)の消化をサポート
・神経の保護
・疲労回復

〈ミネラル9種〉
鉄、亜鉛を始めとするミネラル9種。
(マンガン、銅、鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウム)

「女性は必須!貧血予防に鉄」
赤血球を作る働きがあり、女性は特に生理等で不足しがちですよね。
・血液(背血球)を作る
・体中に酸素を運ぶ

「新陳代謝を助ける亜鉛」
新陳代謝を助けたり、体にとって大事な栄養素のひとつです。
・新陳代謝
・免疫力をつける
・アルコールの分解

〈必須アミノ酸含む アミノ酸18種〉
バリン、ロイシン、イソロイシン等、体外から摂る必要のある必須アミノ酸を含む18種。
(バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸)

「バリン、ロイシン、イソロイシン(BCAA)で疲労減少」
・筋肉の疲労が抑制
・筋肉の回復を助ける

〈不飽和脂肪酸〉
DHA、EPAを含む生活習慣に欠かせない不飽和脂肪酸11種。
(DHA、EPA、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレイン酸、エイコサジエン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸、ジホモr-リノレイン酸)

・コレステロールを減少
・血液サラサラ
・中性脂肪の減少

〈その他〉
パラミロン、クロロフィル、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、ブトレッシン

Q でもそんなに野菜を多く含んでいたら消化不良とかにならないんですか?
A ユーグレナの消化率は93.1%。
その秘密は、細胞壁。ユーグレナは植物と動物の両方の性質を持っているので、細胞壁を持っていません。
野菜は、細胞壁が邪魔をして効率良い消化を妨げてしまいます。
なのでユーグレナは効率よく栄養を体内に取り込むことが出来ます。

Q 少し試してみたいな…お試しセット等はありますか?
A はい!ますは、1週間お試しセットがあるので、そちらでお試しくださいね。

6883

 

サイトマップ